不動産

経済

正直大家さんの不動産投資 そのまま体験談 【上】 Spyce Media LLC代表 岡野健将

 「利回り20%の儲かる投資話があるんやけど」と言われても「うさんくさそう」「ヤバい話とちゃうん?」と思うのが人間です。そう、私が不動産投資に出合うまでは…。世の中には本当に儲かる話もあったんです。 安ければ100万円以下の...
経済

2023新築分譲マンション動向 平均価格は4666万円 不動産経済研究所が発表 1991年以来の高値に

 不動産の市場調査を行う不動産経済研究所(東京都新宿区)は1月25日、2023年の「新築分譲マンション市場動向~近畿圏編~」を発表した。2府4県(大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、滋賀県、和歌山県)の販売戸数は、前年比13・8%減の...
特集

〝断らない不動産〟で業績伸ばすクリエイト大阪 狭小地も再建築不可を高く買い取る秘訣

 「売却物件募集!」─。自宅のポストにあふれかえる不動産の買取業者のチラシ。連日のように投函されることから、読者は「不動産屋はどんな物件でも、喉から手が出るほどほしがっている」と印象を持つかもしれない。ところが、築年数が古い、建物...
暮らし

家づくりのドラマを本に 「住まいと人生」を制作 積水ハウスの難波さんと竹内さん

建築士の難波さん(左)と本を執筆した竹内さん(右)と三木さん家族  積水ハウスで家づくりの楽しさを伝える新たな取り組みが始まっている。従来の完成品カタログをもとにした画像中心の住宅販売ではなく、家づくりの過程で起こる人間の感情の起伏...
暮らし

「老朽マンション」修繕・建て替え促進へ 同意「4分の3」以上に緩和 20年ぶりの大改正

 老朽化した分譲マンションの建て替えを促進するため、法制審議会(法相の諮問機関)は所有者による決議要件の緩和を柱とした要綱案をまとめた。1月16日に開かれた審議会の部会では、建て替えを円滑化するため、耐震性などに問題がある場合の建...
特集

「家を高く売る」には? ネット一括査定の落とし穴 仲介と買取の思惑を読み解く

 「お売りください!」 ポストに投函された住宅売却のチラシ。不動産価格が高騰する今、タワーマンションに限らず、ファミリー向けマンションも購入時より高い値段で買い取ってもらえるケースが増えている。ところで住宅の売却は、依頼する業者に...
特集

【不動産売却の悩み】買取と仲介、どちらを選ぶべき? クリエイト大阪の中田拓也社長に聞く

梅田スカイビルの近くにあるクリエイト大阪のオフィス ─大阪では買取実績でトップクラスです。  おかげさまで常に150カ所の現場が稼働しています。今は費用対効果からチラシを止める業者もありますが、弊社は20年以上、チラシを続けて...
暮らし

住宅ローン減税、新築2割対象外も 24年に省エネ厳格化

 国の省エネ基準を満たさない新築住宅が2024年1月から「住宅ローン減税」の対象から外れる。これを受けて、建設業者などが対応を急いでいる。過去の傾向に照らすと新築住宅の2割近くが基準を満たさない可能性がある。住宅ローン減税を使う予定の購入...
特集

マンション保険の実態 ビッグモーターで注目。損保巡る問題がこの業界にも

 社会に衝撃を与えた中古車販売大手ビッグモーターの保険金水増し請求。同社が公表した調査報告書は「過剰な修理や実際の施工数以上の請求は、板金業界では業者の規模にかかわらず常態的に行われてきた」ことを明らかにするもので、火の手は同業他...
暮らし

自宅に賃貸で住む〝相続不要〟の暮らし方 リースバックとは?

老後資金・住宅ローン早期返済・相続対策・入院介護資金・進学資金に活用  総務省統計局の調査によると、2022年高齢者の人口は3627万人、総人口の29.1%を占める中、世帯数の減少や人口減少が起因と考えられる〝空き家増加〟問...
特集

床の滑りどう防ぐ? 増える室内犬の関節疾患

 ペット市場が急拡大している。犬の新規飼育頭数は過去10年間で最多の42万6千頭。犬猫を合わせると、およそ5世帯に1世帯が飼っている状況だ。一方で、愛犬と室内で生活する歴史は浅いことから近年、室内犬のヘルニアや脱臼などの関節疾患が...
経済

住宅ローン10年固定金利 大手5行が引き上げ

 大手銀行5行が8月から10年固定の住宅ローン金利を引き上げた。日銀の金融政策の修正を受けたためで、今後さらに固定金利が上昇する可能性もある。一方、住宅ローン利用者の7割以上が利用しているとされる変動金利は、全行が2.475%で据...
暮らし

自分に合うリノベ業者の見つけ方 リフォーム・リノベの補助金って何があるの?

 新築・中古にかかわらず、住宅購入の際、真っ先に頭によぎるのがお金のこと。国や地方自治体ではリフォームに活用できる補助制度を各種用意しているが、内容や管轄団体が多岐にわたっていて分かりにくい部分もある。今回は、各補助制度の見方につ...
特集

大阪の富裕層が注目する道北の中心都市「旭川」 

旭川市街から一望できる大雪山連峰  1972年の冬季五輪以来、大規模な再開発が急ピッチで進む札幌市。世界の超富裕層に注目されるリゾート地「ニセコ」をはじめ、2031年に札幌まで伸びる北海道新幹線など話題は目白押しだ。こうした資産価値...
特集

なぜ、天然木が良いのか? 「素足文化の日本」 床重視のニーズ高まる

朝日ウッドテックのショールーム(大阪市中央区)。天然木の床を視覚や嗅(きゅう)覚、触覚の五感で体感できる  読者が暮らすタワーマンションのフローリングは、〝本物の木〟でない可能性が高い。その多くは合板の上に木目模様を印刷したシートと...
社会・政治

路線価 近畿は3年ぶり平均0.7%上昇

再開発が進むJR大阪駅北側の「うめきたエリア」 新型コロナ影響やわらぎ「うめきたエリア」の再開発、「大阪万博効果」期待感  大阪国税局は7月3日、相続税などの算定基準となる2023年分の「路線価」(1月1日時点)を発表した。近...
特集

富裕層のタワマン所有 全国に広がる 海外勢も引き付け、値上がり下支え

 〝買った瞬間、値下がりする〟と言われて来た日本の住宅だが、タワーマンションだけは例外だ。国内だけでなく海外勢からの投資を引き付け、値上がりが期待される資産としてのポジションをすっかり確立した。購入の中心は富裕層。セカンドハウスと...
経済

中古マンション×リノベが活況 新築高騰の今、賢いマンション購入とは

高騰を続ける新築マンション  新築分譲マンションの値上がりが止まらない。不動産経済研究所が発表した昨年10月の大阪市内の新築分譲マンション平均価格は5803万円。前年同月比47・1%増と驚異的な伸び率だ。  一般的に住宅ローン...
特集

「家を高く売る」には? ネットの一括査定の落とし穴 仲介と買取の思惑を読み解く

 「お売りください!」 ポストに投函された住宅売却のチラシ。不動産価格が高騰する今、タワーマンションに限らず、ファミリー向けマンションも購入時より高い値段で買い取ってもらえるケースが増えている。ところで住宅の売却は、依頼する業者に...
特集

「買取は安い」のイメージ変えたい クリエイト大阪 中田拓也社長に聞く

梅田スカイビルの近くにあるクリエイト大阪のオフィス ─大阪では買取実績でトップクラスです。  おかげさまで常に150カ所の現場が稼働しています。今は費用対効果からチラシを止める業者もありますが、弊社は20年以上、チラシを続けて...
暮らし

相続人は誰? 知っていますか? あなたの親族の土地・建物、誰の名義?

〝相続登記義務化〟2024年4月施行  所有者が分からない土地は、2040年には約720万ヘクタール(北海道本島約780万ヘクタール)に及ぶとされ、国や自治体、民間企業にとって、国土や不動産の有効活用が妨げられる大きな要因と...
経済

【4月の住宅ローン】上昇ムードから一転 固定金利が引き下げに フラット35も0.2%下がる

4月の住宅ローンの固定金利が引き下げに  住宅購入を検討している人にとって、住宅ローン金利の行方は最大の関心事。金利がたった1%違うだけで、4000万円の借り入れで700万円以上も総支払い額が変わってしまうほど大きい。購入を...