部活との両立法 個別指導キャンパス 代表・福盛訓之さん

 勉強も部活も頑張ってほしいが、部活で疲れて帰って寝てしまう毎日。勉強をする時間がうまく取れず、わが子がうまく部活と勉強を両立できるのか悩んでいる人も多いのでは。「個別指導キャンパス」代表の福盛訓之さんに、勉強と部活を両立するためのアドバイスをお聞きしました。

「生徒一人一人に合わせたオーダーメードカリキュラムを作成し、集中的に強化します」と話す福盛代表
「生徒一人一人に合わせたオーダーメードカリキュラムを作成し、集中的に強化します」と話す福盛代表

 ―部活をしている上で勉強時間の確保が難しいと感じられている人は多いと思います。短時間で効率な学習方法は?

 定期テストで出る問題を中心に勉強しましょう。学校や先生によって問題の傾向が違いますので、塾の先生に傾向を聞いて、テストで出る問題ができるまで繰り返し解きましょう。普段から学校の授業内容を理解しておくことも大切です。

 ―授業の内容がどんどん難しくなります

 やはり予習と復習が必要です。通学の電車の中や、授業の休憩時間など、スキマ時間を使いましょう。予習をする際は、難しそうな所に印を付け、授業では印の所を特に集中するだけでもずいぶん理解度が変わってきます。また、授業中に難しかった問題にも印をつけておき、解き直すようにしてください。分からない問題は先生に質問して解消しましょう。

 ―部活から帰ってくると疲れていて寝てしまう子どもは、どう勉強するのが良いでしょうか

 疲れて勉強せずに寝てしまうお子さまには、早く寝て朝に勉強するのがおすすめ。疲れている状態での勉強は眠くなりやすく、効率が下がってしまいます。短時間であっても集中して中身の濃い学習をすることが大切なのです。

 ―部活をしていると、急に練習が延びたり、試合が入ったりして帰りが遅くなることも。忙しくて、塾に通うのは難しいのではないでしょうか

 同塾では、お子さまの予定に合わせて柔軟に対応できます。例えば、突然試合などで授業に来れなくなっても、授業を別日に変更可能。夏期講習などの講習会でも、科目や内容、スケジュールなど、一人一人に合わせたオーダーメイドカリキュラムで進めています。日によって、時間や授業数を調整できますので、忙しいお子さまの予定に合わせることができます。また、各単元の理解度を把握した上でカリキュラムを作成しているので、お子さまの限りある時間を個別指導で有効に使っています。


個別指導キャンパス
お問い合わせ先:(0120)934830