週刊大阪日日新聞

大阪市(北・西・福島・中央・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2022/7/23

新米投資家記者の勉強会 

安倍元首相の死去… 今後の日経平均にどう影響?

アベノミクスで株価は2倍超

 安倍晋三元首相の死去を受け、今後の日経平均株価への影響はどうなるのか。本コーナーはあくまで株価のみに注目して考えてみた。

 襲撃事件のあった8日の日経平均株価は、事件直後から売りが広がり反射的に午前の終値から200円ほど下落したが、コラム執筆中の現在(15日時点)は落ち着いている。

 安倍氏といえばアベノミクスだ。@インフレ率2%まで無期限に行う金融緩和(=量的緩和)、A大胆な予算編成を行う財政拡大、B民間投資への喚起の3つを柱にした「三本の矢」が国内外の投資家に好感され、在任中の株価は2倍以上になった。下表は各首相の任期中の日経平均株価の動きだが、安倍氏が在任中の株価上昇率が際立っている。

 では、先日の参院選を大勝した岸田政権は今後の株価にどう影響するのか。株価を動かすポイントは「財政政策」と「金融政策」だ。

 積極財政の安倍氏に対し、岸田首相は緊縮財政派といわれる。「消費減税なら年金3割カット」と首相を支える茂木俊充幹事長が発言したことからも経済成長より財政の収支(プライマリーバランス)を重視していることが伺える。

 一方、年末にまとめる「資産所得倍増プラン」には注目したい。もともと岸田首相は賃金の所得倍増を掲げていたが、欧米に比べ日本は賃上げがおぼつかず、投資を前提にした金融資産の増加に目線を変えている。具体的には少額投資非課税制度(NISA)や個人型確定拠出年金(イデコ)の拡充だ。「貯蓄から投資へ」が前進すれば、株式市場にも好影響を与えそうだ。

 また、金融政策と円安への対応も注目したい。米国は歴史的なインフレ率(9・1%)で金融引き締め(利上げ)を加速する中、日本は金融緩和を続けているため、この日米の金利差が円安の要因になっている。日本の金融緩和は2013年に当時の安倍首相と日銀の黒田東彦総裁の下で始まった。世界的な金融引き締め局面で日本はどう対応するのかとメディアが騒いでいるが、日本のインフレ率は2・5%、物価変動が激しいエネルギーと生鮮食品を除くと0・8%なのである。

 金融引き締めは、市中のお金の量を減らす(助成金などを減らす)こと。一般的に、株を買うお金が減り金利が上がると、株価は下落する。

 いずれにしても8〜9月に行われる内閣改造の人事で、安倍氏実弟の岸信夫氏(現・防衛大臣)など安倍氏の遺志を継いでいる人や政策がどのようになるのか、チェックしておく必要がある。

■「鬼滅の刃」物語の世界へ 直筆原画約400点展示

■オンライン診療開始 若者軽症者対象

■大阪中学校優勝野球大会が開幕 激戦突破の16チーム熱闘

■映画「TANG タング」とコラボ 梅田エリア巡回バス「うめぐるバス」

■大阪メトロ、オンデマンドバスで開始 月額2万2000円で専用停留所

■「3年コース」で難関校目指す 関西私学に新しい風

■万博千日前、盛り上がれ ミナミ夏祭り&にぎわいスクエア

■府立生野高初優勝 「写真甲子園2022」

■安い国ニッポン Spyce Media LLC 代表 岡野 健将

■逃げ場ない恐怖パワーアップ 地獄のゾンビ観覧車リニューアル

■夏休みは親子でワークショップ ルクア大阪

■「京橋S6横丁」オープン はしご酒≠ノぴったり

■京都・四条烏丸「ざ・らくちん室町横丁」リニューアル 大人の居酒屋集結


週刊大阪日日新聞
最新号
毎月第2・第4土曜発刊
「大阪日日新聞」
電子版
電子版の詳細はこちら
アップルストア グーグルプレイ
日日チャンネル【Gotoキャンペーン編】/「宿泊」「ステーキ食べ放題」「お酒飲み放題」で、なんと! 2,500円 だった
pagetop