週刊大阪日日新聞

大阪市(北・西・福島・中央・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2022/4/9

そうやったんや! 畑山博史のわかるニュース

1ドル125円の真相 この円安、庶民の敵か味方か!?

 3月28日の東京外国為替市場で対ドル円相場が一時125円と2015年8月以来、6年7カ月ぶりの円安を記録した。1日に3円以上も円安に振れたのは14年4月以来、約8年ぶりだ。

 この為替の動きは、世界的なインフレを背景にした各国の金融政策の違いが大きい。欧米は物価上昇を抑えるため、金利を上げてお金を借りにくくし、通貨の供給量を減らして経済の過熱を抑え、インフレ率を低下させようとしている。反対に、日本は金融緩和を続ける構えでいる。つまり、金融引き締めでドルが減る一方、金融緩和の円は増えていくから、ドルより円が安くなる。

 庶民にとっては、国内で円建てで給料をもらい、円で生活していれば、為替がどう動こうが何も損得はない。では、何が問題なのか? 基礎から考えてみよう。


急激な円安は「落日の円」の現れ

ウクライナ侵攻でも起きない「有事の円買い」

「落日の円」無理支え

 円安のメリットは@国産品を海外で売りやすくなるA海外からの旅行者が増えるB海外に取得した資産の価値が上がる。逆に円高のメリットは@外国からの品が安く買えるA海外からの投資が呼び込めるB国際間の購買競争に強くなる。物価実態に対する日米比率は「1ドル85円」が適正だからかなりの円安状態だ。

 国債を中心とした債券市場で日本は金利がほぼゼロと極端に安く、欧米は一斉に金融引き締め(つまり金利が上がる)に振れたことから、投資家は円を売ってドルを買っている。円安が一概に悪い訳ではないが、今の円安はズバリ「日本売り」。低成長低金利の円通貨に魅力は見いだせない。

 円安の背景に、長期的には少子高齢化による国力低下での財政悪化、短期的にはウクライナ侵攻などで原油や小麦などの国際商品が品薄になって高騰している点が上げられる。円安を止めるには@政府・日銀が市場で円買い・ドル売りをして支えるA政策金利を引き上げて海外投資家を呼び戻す事、だがどちらも実際は難しい。原油をはじめとする資源のない日本で国際商品高騰が続くと輸出入の収支バランスが悪化。政府・日銀は黒田ライン≠ニ呼ばれる1ドル125円を安値限界と設定しており、これを突破されると歯止めが利かず、さらに円売りが加速する「円安スパイラル」に陥る。

 かつては「有事の円」と呼ばれ、紛争や金融ショックなどの時は「円が強い」とされた。今や落日の円≠ナ、日本でも預貯金を円だけでなくユーロや米ドルに分散して預けることの検討が注目されている。

【円安のデメリット】

・エネルギーや原材料の輸入コストが上昇し、企業は採算が悪化

・輸入業者にとどまらず、電気、ガス、灯油、ガソリンなどの生活基盤に関わるエネルギーから、食料品にも影響

・外国からの投資マネーも海外に流出し、債券や株価の下落にもつながる

・獲得できる外貨が減ってしまうので海外旅行も割高になってしまう

「悪いインフレ」目前に

 20年間もデフレだった日本も4月以降、原油や小麦をはじめとする国際商品≠フ急激値上がりで、ほぼ全面的に小売価格が値上がりするインフレ基調にある。給与も一緒に上がるよいインフレ≠ネら何の問題もないが、物価値上げが平均家庭で年間6万円を超える出費増を呼ぶとなると、スタグフレーションと呼ばれる悪いインフレ≠ノ突入する。


日米の金融政策の違い

  • 日本銀行

    日銀
    一定の利回りで国債を無期限購入
    0.25%超の長期金利の上昇抑制

  • image photo

    FRB
    政策金利の引き上げ本格化
    長期金利2.5%台まで上昇

日銀は打つ手無し

 日銀は国内債券市場で10年物国債が、日銀が上限設定している利割り0・25%まで上昇し、公開市場で利回りを指定し無制限に買い付ける「指し値オペ」を実施して債券価格下落を押しとどめた。国債は売られると金利が上がり、買われると金利が下がる。「この利息でいいならいくらでも買います」という取引を数日続けるのは、かなりむちゃでもちろん初めて。欧米との利息差が広がるのでさらに円安を呼ぶ危険性が増す。

 既に日銀は発行済みの国債1220兆円のうち4割に当たる530兆円を保有。金利を引き上げたら国の財政は破綻し、日銀は債務超過に陥る。日銀のゼロ金利政策が破綻し、仮に国債の利払いが年1%上がると3・7兆円支払いが増すから防衛関係全予算の半分が吹っ飛ぶ多額になる。それが分かっているから日銀は経済の好循環が自然に動き出すまで動けない。悪いインフレ≠ヨの対応策など実は何も持ち合わせていない。

 黒田総裁をはじめとする日銀のトップは来春までの任期。官僚はけっしてアベノミクスの間違いを認めないから、あと1年は対処療法しか打つ手がない。

与党は参院選対策で

 政権与党は7月に投開票される参院選が終われば、3年間は国政選挙がないから何としても夏まで逃げ切りたい。日銀のような悠長なことは言っておられず、消費者が痛みを感ずるガソリンや小麦などにどんどん補助金を投入して、価格の据え置きを画策してくる。高齢者への社会保障増大と現役世代減少の二重苦に加え、企業は生産拠点を海外に移してドルをもうけ、海外にプールし、安い円には回帰したくないから税収増を含めた財政は一向に改善しない。

 アベノミクスが始まる前の2012年1ドル79・8円が先月末のように125円になったら、値打ちは5割近くも下落した計算になる。産業界は原材料高騰を、消費の弱さから価格転嫁できず。外部から強制的に仕掛けられる悪いインフレ≠ヨの対抗策は政官財のどこにも無い。

 岸田首相は口先だけの「新しい資本主義」より、社会構造の早期健全化に取り組まないと、国民は参院選後早々に耐えられなくなる。

■彩凪さん特大ポスター並ぶ 元宝塚歌劇団雪組男役スター

■「田舞」奉納など五穀豊穣を祈願 住吉大社「御田植神事」

■大阪万博「大阪パビリオン」外観公表 屋根から水が流れる幻想的空間

■ネット中傷抑制に期待 「侮辱罪」厳罰化 改正刑法が成立

■2022まるごととっとりin大阪 スイカ振る舞いやクイズ

■包括連携協定を締結 フジ医療器と太子町

■住民ら平和祈る 大阪大空襲の日

■児童「命の尊さ受け継ぐ」 阪教育大付属池田小事件から21年

■遊歩道緑化、清掃に尽力 石原さん(西区)が受賞

■「せいタン」Tシャツ、できた 城東の聖賢小

■グリーン車使用「ダメ」 大阪府議会で改正条例可決

■「屋外はマスクを外して」 大阪市、熱中症予防を呼びかけ

■リレー落語で新ジャンルに 「五楽笑人」第一回公演

■和牛に合う酒「和牛讃歌」 堺の蔵元が開発

■リベンジ旅行で国内は回復 コロナ禍前の9割弱 夏休みの旅行予約動向 エイチ・アイ・エス

■ピカチュウの「パインフラッペ」発売 ファミリーマート

■梅田の真ん中にドッグラン LINKS UMEDA 1階にオープン

■サントリー本社屋上 3年ぶりビアガーデン 7月1日から開催

■親の相続 約3割がトラブル想定 ベンチャーサポート相続税理士法人が実態調査

■高校生の小遣い 月平均は5582円 リクルート調査


週刊大阪日日新聞
最新号
毎月第2・第4土曜発刊
毎月第4土曜発刊
「大阪日日新聞」
電子版
電子版の詳細はこちら
アップルストア グーグルプレイ
日日チャンネル【Gotoキャンペーン編】/「宿泊」「ステーキ食べ放題」「お酒飲み放題」で、なんと! 2,500円 だった
pagetop