週刊大阪日日新聞

大阪市(北・西・福島・中央・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2022/3/12

地元のキーパーソン 

地元に寄り添うキーパーソンたち。心温まる珠玉の言葉が綴られた─。

諦めない心と思いやりを心掛けながら

なごみ鍼灸整骨院 院長

岸本 健志さん

 鶴見区諸口で15年、なごみ鍼灸整骨院を営んでいる岸本院長。高校時代は精力的にバンド活動をしていたが、両親に何か人のためになる仕事をすすめられ、父親と同じく人の身体を治療する道に。同院では、院長が整形外科に10年以上勤務した経験を基に@トリガーポイントの鍼療法A掃骨鍼法(そうこつしんぽう)B筋膜リリースの3つをミックスした施術が好評で、開院当初から通っている人も多い。お年寄りからは「先生は離れて暮らしている子どもみたい」と親しまれている。だが、15年の歳月のなかで辞めたいと思ったことも。そのとき自分に言い聞かせていた言葉が「何事も諦めたら終わり」。諦めた時点で、 それ以上、事態がよくなることはないので、絶対に諦めないと心に誓い今までやってきた。この言葉は、患者や自身の子どもたちにも伝えているという。

 コロナ禍で、皆が心身ともに疲れている時代。体だけでなく、患者の気持ちに寄り添い、思いやりを大切に治療している。「なんとなく感じる不調も、1度の施術で楽になることもあるので、気軽に相談してほしい」と優しい笑顔で話してくれた。


子どもたちのためにできることを

マカナキッチン

MASARUさん

 MASARUさん自身が9カ月の頃から里親に育てられた経験や、児童福祉施設から学校に通っている友達が複数人いた。この体験から、「就職支援が手薄なのに、18歳になると必然的に施設を卒業しなければならないことにずっと疑問を持っていた」と話す。高校を中途退学し、破天荒に生きてきたというが、30歳の時に猛勉強し、大手ショッピングモールに就職。役職にも就いたが、「恵まれない環境下で育ってきた子や、やる気はあるのに環境が整っておらず行き場のない子たちが、社会に出るまでに職業体験できる場所を作りたい」と、キッチンカーの店主へと転職した。

 数年経過し、支援してくれる仲間も増えたが、自身の活動をもっと世に広めたいと、昨年、YouTubeと格闘技の世界に足を踏み入れた。「体とやる気さあえあれば生きていける。生き残っていける。負けるな!と伝えたい」と語るMASARUさん。戦うキッチンオーナーとして、46歳男の挑戦は続いていく。

■国民年金 納付5年延長へ 負担額≠ニもらえる額 どう変わる?

■JTが次世代型の喫煙所 うめきたで実証実験 同一空間で非喫煙者と共存できる?

■大阪中学校駅伝 男子 今市2年ぶり奪冠 女子 豊中十一は初優勝

■マイカーで「とり旅」をお得に楽しんで マイカー観光宿泊客増狙う「とり旅ドライブ周遊キャンペーン」

■来年1月から手数料「値上げ」 車検証の電子化

■前年度比146人増 大阪私立高校募集

■「保育所に顔認証」実証へ 2歳児置き去り死亡受け

■生徒らの作品献句 明浄学院高で「芭蕉忌」

■みんなで茶屋町に菜の花畑を 地元協議会や周辺店舗企画

■高校の部活、2校合同で 23年度から全国初

■加熱式たばこ「Ploom X」値下げ 3980円から1980円

■PC寄贈企業募集 経済的困難な高校生の学習支援に

■多彩なブース大盛況 「大枝公園スマイルデーもりっしゅ」

■iPS細胞の「心臓モデル」展示検討 万博・大阪パビリオン

■「探究型」の未来人材を養成 未知の問題に挑む思考力・判断力・表現力を培う学習塾

■英検S-CBT 二次試験なし 1日で4技能を測る 受験チャンスの増加後押し

■いよいよインフレ鈍化の兆し? 投資2年目記者の勉強会 拡大版

■JR西日本 新大阪から直通列車 環状線とメトロつなぐ「弁天町駅」も強化

■大学合格実績、この20年で大きく変化 関西の教育最前線

■正社員にも起業家マインドが必要? Spyce Media LLC 代表 岡野 健将


週刊大阪日日新聞
最新号
毎月第2・第4土曜発刊
毎月第4土曜発刊
「大阪日日新聞」
電子版
電子版の詳細はこちら
アップルストア グーグルプレイ
日日チャンネル【Gotoキャンペーン編】/「宿泊」「ステーキ食べ放題」「お酒飲み放題」で、なんと! 2,500円 だった
pagetop