週刊大阪日日新聞

大阪市(北・西・福島・中央・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2021/10/9

打破なるか 「1億円の壁」

世界の富 少数が握る構造にメス


▲※国税庁の申告所得税標本調査(令和元年)を元に、所得階級別の所得税負担率を本紙がグラフ化

 アベノミクスで確かに株価は上昇した。しかし、その結果、貧富の差が拡大したとも言われる。株高で恩恵を受けたのはお金持ちだけで、株高になったところで賃金は変わっていないと感じる人は多い。そうした中間層の復活に、岸田文雄首相は成長と分配の好循環≠経済政策に掲げた。成長の果実がしっかりと中間層にも分配されるようにだ。立憲民主党の枝野幸男代表も衆院選で掲げる経済政策として、富裕層増税に照準を合わせている。

 こうした動きから最近、話題になるのが「1億円の壁」だ。お金持ちほど税負担率が下がっているという問題である。

 図は国税庁の申告所得税標本調査(令和元年)を元に、所得階級別の所得税負担率を本紙がグラフ化したものだ。1億円の部分は5000万円〜1億円の所得者を表しているが、この階級を頂点に、税率のカーブが下がっていることがお分かりいただけると思う。所得50億円ともなれば、2000万円以下の人の税負担率18・5%とさほど変わらない。

 なぜ、このような実態になるのか。所得税率はその人の課税所得の大きさによって、5%〜45%の7段階に区分される累進課税制度をとっている。課税所得が4000万円を超えると最高税率の45%が適用されるはずだが、表を見ると実態は大きく異なっているようだ。

 これは、所得が1億円を超えるお金持ちは、大きな金融所得を得ているケースが多いためだ。株式投資の配当や売却益などは、申告分離課税と言って、給与所得などの所得税率ではなく、金融所得税率の20・315%が適用される。このため、総所得に対して税率が下がる逆転現象が起きるのだ。

 「1億円の壁」と呼ばれるこの現象が今、格差拡大の原因として問題視され、お金持ちの金融所得にもっと課税しようという動きが出てきたわけだ。

 こうした貧富の差は日本だけでなく、世界で問題視されている。コロナ禍による財政出動が世界中で行われた結果、実体経済の落ち込みに反して株価だけが急上昇した。NGO(非政府組織)のオックスファムによると、世界のトップ富豪10人は、パンデミック中に約60兆円もの資産を増やしたという。

 世界の富の大半をわずかな人間が握っているいびつな世界構造に、果たしてメスを入れることはできるのだろうか。

■大阪府 「悪質申請やめて」 大阪府

■「読解力」授業 23年度から試験導入 学テ低迷で大阪市教委

■コロナ禍で受験勉強を頑張っている高校生へ 高校生への応援ソング「ビギナーズノート」公開

■2カ所目の府接種施設 受験生や40、50代対象

■上質な非日常味わう 帝国ホテル大阪 新たな宿泊特典

■リハビリでホテル滞在 コロナ禍、新たな利用提案

■大麻押収量、前年比6倍 21年上半期大阪税関摘発

■秋の大古本祭り 四天王寺、10月8日〜12日

■近大ラーメンいかが 学生の起業支援企画 4日から

■七五三詣の撤下準備 住吉大社

■双子ファミリーを応援 阪急百貨店うめだ本店

■鶴見緑地をラクラク移動 トヨタの最新モビリティ全国初導入

■ウチの土地 上がった? 下がった? 府地価調査


週刊大阪日日新聞
最新号
毎月第2・第4土曜発刊
毎月第4土曜発刊
「大阪日日新聞」
電子版
電子版の詳細はこちら
アップルストア グーグルプレイ
日日チャンネル【Gotoキャンペーン編】/「宿泊」「ステーキ食べ放題」「お酒飲み放題」で、なんと! 2,500円 だった
pagetop