週刊大阪日日新聞

大阪市(北・西・福島・中央・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2021/10/9

打破なるか 「1億円の壁」

世界の富 少数が握る構造にメス


▲※国税庁の申告所得税標本調査(令和元年)を元に、所得階級別の所得税負担率を本紙がグラフ化

 アベノミクスで確かに株価は上昇した。しかし、その結果、貧富の差が拡大したとも言われる。株高で恩恵を受けたのはお金持ちだけで、株高になったところで賃金は変わっていないと感じる人は多い。そうした中間層の復活に、岸田文雄首相は成長と分配の好循環≠経済政策に掲げた。成長の果実がしっかりと中間層にも分配されるようにだ。立憲民主党の枝野幸男代表も衆院選で掲げる経済政策として、富裕層増税に照準を合わせている。

 こうした動きから最近、話題になるのが「1億円の壁」だ。お金持ちほど税負担率が下がっているという問題である。

 図は国税庁の申告所得税標本調査(令和元年)を元に、所得階級別の所得税負担率を本紙がグラフ化したものだ。1億円の部分は5000万円〜1億円の所得者を表しているが、この階級を頂点に、税率のカーブが下がっていることがお分かりいただけると思う。所得50億円ともなれば、2000万円以下の人の税負担率18・5%とさほど変わらない。

 なぜ、このような実態になるのか。所得税率はその人の課税所得の大きさによって、5%〜45%の7段階に区分される累進課税制度をとっている。課税所得が4000万円を超えると最高税率の45%が適用されるはずだが、表を見ると実態は大きく異なっているようだ。

 これは、所得が1億円を超えるお金持ちは、大きな金融所得を得ているケースが多いためだ。株式投資の配当や売却益などは、申告分離課税と言って、給与所得などの所得税率ではなく、金融所得税率の20・315%が適用される。このため、総所得に対して税率が下がる逆転現象が起きるのだ。

 「1億円の壁」と呼ばれるこの現象が今、格差拡大の原因として問題視され、お金持ちの金融所得にもっと課税しようという動きが出てきたわけだ。

 こうした貧富の差は日本だけでなく、世界で問題視されている。コロナ禍による財政出動が世界中で行われた結果、実体経済の落ち込みに反して株価だけが急上昇した。NGO(非政府組織)のオックスファムによると、世界のトップ富豪10人は、パンデミック中に約60兆円もの資産を増やしたという。

 世界の富の大半をわずかな人間が握っているいびつな世界構造に、果たしてメスを入れることはできるのだろうか。

■国民年金 納付5年延長へ 負担額≠ニもらえる額 どう変わる?

■JTが次世代型の喫煙所 うめきたで実証実験 同一空間で非喫煙者と共存できる?

■大阪中学校駅伝 男子 今市2年ぶり奪冠 女子 豊中十一は初優勝

■マイカーで「とり旅」をお得に楽しんで マイカー観光宿泊客増狙う「とり旅ドライブ周遊キャンペーン」

■来年1月から手数料「値上げ」 車検証の電子化

■前年度比146人増 大阪私立高校募集

■「保育所に顔認証」実証へ 2歳児置き去り死亡受け

■生徒らの作品献句 明浄学院高で「芭蕉忌」

■みんなで茶屋町に菜の花畑を 地元協議会や周辺店舗企画

■高校の部活、2校合同で 23年度から全国初

■加熱式たばこ「Ploom X」値下げ 3980円から1980円

■PC寄贈企業募集 経済的困難な高校生の学習支援に

■多彩なブース大盛況 「大枝公園スマイルデーもりっしゅ」

■iPS細胞の「心臓モデル」展示検討 万博・大阪パビリオン

■「探究型」の未来人材を養成 未知の問題に挑む思考力・判断力・表現力を培う学習塾

■英検S-CBT 二次試験なし 1日で4技能を測る 受験チャンスの増加後押し

■いよいよインフレ鈍化の兆し? 投資2年目記者の勉強会 拡大版

■JR西日本 新大阪から直通列車 環状線とメトロつなぐ「弁天町駅」も強化

■大学合格実績、この20年で大きく変化 関西の教育最前線

■正社員にも起業家マインドが必要? Spyce Media LLC 代表 岡野 健将


週刊大阪日日新聞
最新号
毎月第2・第4土曜発刊
毎月第4土曜発刊
「大阪日日新聞」
電子版
電子版の詳細はこちら
アップルストア グーグルプレイ
日日チャンネル【Gotoキャンペーン編】/「宿泊」「ステーキ食べ放題」「お酒飲み放題」で、なんと! 2,500円 だった
pagetop