週刊大阪日日新聞

大阪市(北・西・福島・中央・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2021/10/9

緊急事態宣言解除 飲食店の制限緩和へ

「ゴールドステッカー」認証店限定


▲客足が戻った北区曽根崎の飲食店街

▲「警戒」を表す黄色にライトアップされた通天閣=10月1日、大阪市浪速区

 政府の新型コロナウイルス緊急事態宣言が解除されたのを受け、大阪府は飲食店についてはCO2センサーやアクリル板の設置など感染症対策を徹底した「ゴールドステッカー」認証店に限り、酒類の販売は午前11時から午後8時半まで、営業は同9時までに緩和。それ以外の店舗については従来通りとした。入店時の1グループについては原則4人以内、カラオケ設備の利用については自粛を求めている。なお、営業時間短縮に伴う協力金については支給される。期間は10月末まで。

 吉村洋文知事は「リバウンドまでの期間を長く、ピークをできるだけ低くし、経済を回していくための方針。ゴールドステッカーは感染に強い飲食の環境作りのために行っており、できるだけ多くの方の申請をお願いしたい」と話した。

「第6波来る前提でリバウンド防ぐ」 感染に強い飲食の場づくり

 吉村知事は、新型コロナウイルス対策本部会議で飲食店などに出されている酒類提供の制限などについて「一気に解除・緩和するわけではなく、段階的に緩和していく。コロナはゼロにはなりませんが、どうやったらコロナと共存できるのかを少しずつ緩和しながら模索していくことが重要だと思っています」と話し、報道陣から「認証店とそうでない店を差別化しているが?」という質問に対しては「感染に強い飲食の場を作っていかなければならない」と府民に理解を求めた。


▲新地にも客を送迎するタクシーが渋滞をつくった

 さらに、「今後、第6波も必ずくると思う。どんな株がでてくるかわからない。どうコロナと共存していくのかを考えた時にリバウンドを防ぐご協力お願いしたい」と答えた。

 飲食以外では学校の部活動は感染防止対策を徹底したうえで再開し、修学旅行や府県間の移動を伴う行事についても、感染防止対策を徹底したうえで実施する。府内各市町村や私立学校にも同様の対応を取るよう要請する。しかし、旅行(移動)先の都道府県が大阪からの受け入れを拒否している場合は、中止または延期とするとしている。

■大阪府 「悪質申請やめて」 大阪府

■「読解力」授業 23年度から試験導入 学テ低迷で大阪市教委

■コロナ禍で受験勉強を頑張っている高校生へ 高校生への応援ソング「ビギナーズノート」公開

■2カ所目の府接種施設 受験生や40、50代対象

■上質な非日常味わう 帝国ホテル大阪 新たな宿泊特典

■リハビリでホテル滞在 コロナ禍、新たな利用提案

■大麻押収量、前年比6倍 21年上半期大阪税関摘発

■秋の大古本祭り 四天王寺、10月8日〜12日

■近大ラーメンいかが 学生の起業支援企画 4日から

■七五三詣の撤下準備 住吉大社

■双子ファミリーを応援 阪急百貨店うめだ本店

■鶴見緑地をラクラク移動 トヨタの最新モビリティ全国初導入

■ウチの土地 上がった? 下がった? 府地価調査


週刊大阪日日新聞
最新号
毎月第2・第4土曜発刊
毎月第4土曜発刊
「大阪日日新聞」
電子版
電子版の詳細はこちら
アップルストア グーグルプレイ
日日チャンネル【Gotoキャンペーン編】/「宿泊」「ステーキ食べ放題」「お酒飲み放題」で、なんと! 2,500円 だった
pagetop